対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2008年01月28日
MacBook Airでモバイル環境を構築!! 有料Wi-Fi実践編2
Mac初のどこにでも連れて行けるノート、MacBook Airで、何処でもネット接続したい!!というこで、モバイル環境の構築について、考えてるこのシリーズ。

今回は、前回に引き続き、有料Wi-Fi編でご紹介したWireless Gateを東京で実践したレポートをお伝えします。

前回は、新宿を徘徊いしましたが、今回は恒例のApple Storeを目指すパターンで、渋谷駅からApple Store,Shibuyaまでの道のりでWi-Fiチェックです。

shibuya-wifi01.JPG shibuya-wifi02.JPG
まずは、有料サービスではないですが、FREE SPOTを発見。無料でつなげます。
次に見つけたのは、FLETS-SPOT。残念ながら、今回契約しているWireless Gateのヨドバシカメラ・オリジナルプランだけでは、フレッツ・スポットにはつなげませんが、フレッツ・スポットプロバイダ料金315円、フレッツ・スポットサービス利用料金945円を追加すれば、全国約8,000箇所以上のフレッツ・スポットが利用可能になります。ただし、iPod touchからは接続できません。パソコンじゃなきゃダメみたいです。

shibuya-wifi05.JPG途中のマクドナルド前で、「mobailepoint」発見。前回は、パスワードの入力が必要でしたが、今回はいきなり接続OKのチェックマークが入っています。一度入れれば後はいいんですね。

shibuya-wifi04.JPG shibuya-wifi03.JPG
で、あっという間にApple Store,Shibuya到着。相変わらず、FONには出会えず。あと、山手線圏内ほぼ全域をカバーのlivedoor Wirelessも見なかったような...。

ShibuyaのディスプレイがOne to One仕様に変わっていました。このあと、ブラベートレッスンを受けたのですが、同時に5人がそれぞれレッスンを受けていて、カウンターは満席。スタッフの方に聞いてみると、Leopard以降、申し込みが増えているとのことでした。
こりゃ、今後ますます予約取りにくくなりそう...。

shibuya-wifi06.JPG shibuya-wifi07.JPG
最後は、アップルのある初台に移動して、東京オペラシティ内のロッテリアで。
ここには、無料編でご紹介したWi-Fineというサービスが飛んでいます。
通常は、1日1回10分までインターネットが無料で利用できますが、iPod touchなら1日1回1つのエリアで時間制限なくインターネットできます。
事前の登録が必要ですので、お忘れなく。


東京なら、もっと飛びまくっているのかと思いましたが、そうでもないという印象です。特に、山手線圏内ほぼ全域をカバーのlivedoor Wirelessには、期待していたのですが...。
でも、携帯電話みたいに、歩き来ながら使うということも、そうそうないし、東京ならマクドナルドが沢山あるので、それほど困る事もないかなぁ。

1つ気を付けたいのが、iPod touch上に、今圏内にいるWi-Fiが表示されますが、「mobailepoint」とか、「wifine」とか、自分が今繋げる事ができるアクセスポイント名を、理解しておかないと、気付かずに素通りしていしまいそうです。特に、サービス名が「Wi-Fine」なのに、表示が「wifine」だったりすると、見逃す可能性が高いかも。


Wi-Fi(公衆無線LAN)関連記事
無料Wi-Fi編
有料Wi-Fi編
有料Wi-Fi実践編1
有料Wi-Fi実践編2





posted by しゅん爺 at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Airやtouchでモバイル!!

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。