対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2008年02月10日
MacBook Airでモバイル環境を構築!! au編
Mac史上初(?)のどこにでも連れて行けるノート、MacBook Airで、何処でもネット接続したい!! 、というこで、モバイル環境の構築について考えてるこのシリーズ。

ちょっと前回から間隔が空いてしまいましたが、今回はau編。
正式にはMacに対応していないものの、実はMacでも使えるというauの定額データ通信サービスについてご紹介します。(一応、Macでの使用は非公式なものですので、導入は自己責任でお願いします。)

通信速度
下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbps。ただし、これはかなり限られたエリア(でも、なぜか山梨県はかなりいける)で、これ以外では下り最大2.4Mbps、上り最大144kbpsとなります。

料金
2年縛りで、月額基本料金2,205円〜上限5,985円。auのケータイを使っていれば、さらに315円引きになります。
一見、2,205円〜上限5,985円と、上限まで行くには幅がありそうに見えますが、約9MBくらいの利用で上限まで行ってしまうらしいので、ほぼ上限金額を払う事を覚悟しておいた方がよさそうです。

データ通信カード
分かり易く1機種「W05K」のみです。というか、この機種自体が、データ定額プランを指しており、プラン自体には名前がないという、不思議なことになっている?みたい。
コンパクトフラッシュタイプですので、MacBook Airで使うには、USB2-PCADPGなどでUSBに変換する必要があります。

auの最大の魅力は、やはりエリアの広さ。下り最大3.1Mbpsのエリアはまだまだ限られますが、2.4Mbpsなら、ほとんど繋がないことはないと思います。
ネット上では全国の8割で80kbpsしか出ないという話がひとり歩きしているようですが、よく調べると実際にはそんなこともみたい。ただし、高い負荷をかけ続ける(動画のダウンロードとか)と、制限がかかるのも事実らしいので、3.1や2.4Mbpsというのは鵜呑みにはできませんね。

以上、auの定額サービスについてでした。

これで、Macでも使用可能な定額制のデータ通信サービス、イー・モバイルウィルコムauが出そろいました。

さて、MacBook Airも入手完了したので、次回は私が選択したサービスを発表しちゃいたいと思います!!(実は既に導入済み。)

次回、「私の選択編」をお楽しみに!!

ウィルコムストア Apple Store(Japan)

これまでの記事
 無料Wi-Fi編
 有料Wi-Fi編
 有料Wi-Fi実践編1
 有料Wi-Fi実践編2
 携帯電話網編
 ウィルコムVSイーモバ編 その1
 ウィルコムVSイーモバ編 その2
posted by しゅん爺 at 22:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | Airやtouchでモバイル!!

   

この記事へのコメント
はじめまして。当方秋田市の中心地にて
ThinkPad x31 2672-LJ7とW05Kの組み合わせで
常時500〜600kbps出ています。
バイト換算では80KB/sくらいということになりますけど。
Posted by たごさぐ at 2008年02月11日 03:30
たごさぐさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
500〜600kbpsなら私的には大満足です。
ThinkPadならコンパクトフラッシュがそのまま挿さるんですよね〜。いいなぁ。
Posted by しゅん爺 at 2008年02月11日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/80298111

hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。