対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2005年09月23日
「iPod nano」の利幅は約50%
APPLE LINKAGEさんの記事によると、
「iPod nano」を分解して部品コストと製造コストを分析したところ、「iPod nano」の粗利益率ほかのiPodシリーズと同じく約50%となっている
とのことです。
4Gのフラッシュメモリを搭載していながら、利益50%とは。iPodをたたき売って、iTunes Music Storeで儲ける、ってどっかで読んだけど、大嘘ですね。

さらに記事によると「Samusungが製造するメモリの40%を購入することで大幅な割引が適用されている」そうな。
NAND型メモリ市場で60%のシェアを持つSamusungのメモリを40%買い取るということは、世界の約1/4のメモリをアップルが買うということ!!
なんだか凄いことになってきたなぁ。

関連記事
「ハードディスクの死」を予測するSamsungNAND型フラッシュ市場、iPod効果で急成長


posted by しゅん爺 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | なのニュース。

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。