対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2007年08月23日
メモリの低価格化でiPodのラインアップはどうなる?
iPod nanoiPod shuffleにも使われている、フラッシュメモリの低価格化、大容量化が進んでいます。

東芝さんが、32GBのSDHCメモリカードを発表。また、先日はクリエイティブメディアさんが、16GBのメモリを搭載した携帯オーディオプレーヤー「ZEN V Plus 16GBを発売していました。

ZEN V Plus 16GBの価格は29,800円と、iPod nanoの8GBモデルと同じ。この1年でかなり安くなったようです。

メモリの大容量、低価格化が進むことで、iPodのラインアップにも変化が起こるかもしれません。
現在は、HDD搭載のiPod(ビデオ対応、30GB,80GB)、メモリタイプのiPod nano(2GB,4GB,8GB)、そしてメモリタイプ、液晶無しのiPod shuffle(1GB)の3機種。

もし32GBのメモリまで積んでくるとすれば、iPodをHDDからメモリに移行するかもしれませんが、それ以上の容量となるとやはりHDDが必要でしょう。となると、32GBメモリタイプiPodと、80GB以上のHDD搭載のiPodの2機種に分裂するかもしれません。
この場合、どちらを「iPod」と呼ぶのか難しいですね。32GBを「iPod」として、80GBを「iPod Big」とでもするか、80GBを「iPod」として、32GBを「iPod Middle」とするのか?

あるいは、iPodはHDDのままで、iPod nanoの画面を大きくして、動画再生にも対応させ、32GB,16GB,8GB,4GBといったバリエーションになるかもしれまんね。

もう2年くらい、iPod,iPod nano,iPod shuffleというラインナップできていますから、そろそろ何かあってもおかしくないでしょう。
私としては、「iPod nano」が無くならない事を祈るばかりです!!



追記:てな記事を書いていたら、次期iPodラインナップについて、こんな情報が!! AppleInsiderさんと9 to 5 Macさんによると...(どちらもAPPLE LINKAGEさん経由)
・新しいiPodのOSは、従来のPixoベースのOSではなく、Mac OS
・ビデオiPodやiPod nanoを含む4機種のiPodシリーズとなる
・ほとんどの機種がNANDフラッシュメモリを搭載
・発表は9月中旬から下旬の間に予定
・新しいiPodは「iPod Touch」。iPhoneとほぼ同じ形状
とのことです。iPhoneベースのiPodが登場するのかな?


posted by しゅん爺 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | iPodニュース

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


次期iPodと共にiTunesのトランスコーダーに期待
Excerpt: 最近、真空管アンプとかオーディオ用のスピーカーとか、Mac/iTunes/iPodを本格的なオーディオ・システムの一部として考え始めていますが、結局、どのビット・レートでエンコードするかで...
Weblog: :::kazu-style.com::: 2.0
Tracked: 2007-08-23 23:29

hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。