対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2006年05月14日
iPod+iTunes携帯が登場だ!! でも誰が作るの?
アップルとソフトバンクの携帯電話事業での提携の話題がテレビや新聞でも取り上げられ注目度の高さがうかがえますね。

報道の記事を読んでみると、その詳細が少しづつわかってきました。ちょっとまとめてみましょう。

・iTunes携帯ではなく「iPod+iTunes携帯電話」
これまで海外では、iTunes携帯電話が発売されていました。
これは、パソコンのiTunesから携帯電話に搭載したiTunesに曲を転送して聞くというもの。しかし、今回報道されているものは「iPod携帯電話」と言われているから、iPodのように扱えるはずだ。さらに、iTunes Music Storeから携帯電話で直接ダウンロードできるとのこと。これは「iPod+iTunes携帯電話」と言った方いいのかも?
ただ、
携帯電話に「iPod」の機能を取り入れるかどうかなどの具体的なシステムやサービスについては決まっていない。しかし、米国ではモトローラがアップルの音楽サービスを利用できるアイチューンズ・プレーヤーを搭載し、百曲程度を持ち運べる携帯電話を発売、一つのモデルとなる可能性がある。
との報道もあり、細かいことはまだ決まっていないのかも?


・高速大容量通信が可能な3.5世代用の端末になる?
とある報道では、
ソフトバンクの孫正義社長は、今秋にも高速大容量通信が可能な3・5世代の携帯電話サービスの展開を表明しており、音楽のみならず、動画番組を携帯機器で利用できるポッドキャスティングにも対応させる可能性も出ている。
とのこと。vodafoneは第3世代への乗り換えが遅れ気味だけど、3はすっ飛ばして、一気に3.5へ、ってこともあるのかも?
ビデオポッドキャストにも対応するとなると、HDDの搭載の可能性でてきますね。


・誰がiPod携帯電話をつくるのか?
アップルとソフトバンクが共同開発する、という報道がされていますが、最終的には、どちらが主導権をとるのだろう? アップル主導で動くなら、デザイン的にも期待できるが、アップルはサービスの提供に主眼をおき、端末はソフトバンク、あるいは他社に任せる可能性もある。
しかし、これまでiTunes Music Storeで購入した曲はアップルのiPodと、モトローラのiTunes携帯ROKRでしか、再生することができなかった。これが、日本の端末メーカーの携帯で再生できるようになるんだろうか?
ソフトバンクがiPod携帯(+iTunes Music Store)を「シェア万年3位からの脱出」の切り札と考えるなら、たった1機種の端末だけでこれを普及させるのは、難しいかもしれない。そうなるとvodafoneに端末を供給する他メーカーがiPod携帯電話を出す可能性は高いかも?


結局のところ、詳しいことはまだ決まっていない、というのが本当のところかも?
果たしてどんな方向に進むのか、今後に注目するしかないようです。


posted by しゅん爺 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPodニュース

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。