対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2006年05月03日
PlayStation3がアップルの成長を止める?
CNET Japanさんに、アップルを待ち受ける「成長の限界」というコラムが掲載されていました。

記事では、アップルの成長に限界がある理由として、PlayStation3を挙げています。

PlayStation3には、IBM、ソニー、東芝が開発したCellというCPUが採用されていますが、このCPUはアップルの採用したintelのCore Duoよりも桁違いに早く、アップルは選択を誤った、みたいなことが書かれています。

PlayStation 3に2.5インチのハードドライブ、キーボード、マウスをつなげば、本格的なPCとして利用でき、500ドル程度で販売される予定。これが、アップル(Mac)の強力なライバルになるらしい。

ほんとにそうなの? PlayStation2のときも、「パソコンになる」みたいなことを言っていたような気がするが...。ゲーム機とパソコンじゃずいぶん処理の内容も違うと思うし(ゲームは画像処理中心)、ハードディスクやメモリだって、容量は桁違い。ほんとにパソコンとして使われるだろうか?

記事にも書かれているが、PlayStation3の製造コストは1台当たり800ドルとも、900ドル言われている。ハードを叩き売って、ソフトで儲けるという構図がゲームの世界では成り立つからだ。でも、パソコンの世界ではこれは通じないかもしれない。
PlayStation3でインターネットとメールしかしない人が続出したら、まちがいなくソニーはつぶれると思う。

なんか、このコラムには無理があるように思うのだが、自分がアップルびいきだから、そう感じるだけなのかなぁ?


posted by しゅん爺 at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macな話。

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。