対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2009年03月21日
全てが小さい!! 第3世代iPod shuffle 舐め回しレポ。
ようやくゲットした、第3世代のiPod shuffle
昨日の、箱開けに続いては、舐め回し&比較編です。

shuffle3rd_17.jpg shuffle3rd_16.jpg
従来のShuffle同様のアルミボディ。しかし、カラバリはシルバーとブラックの2色となりました。私が買ったのは、ブラックですが、従来のカラバリにもブラックはなかったので、shuffleとしては初のブラックとなりますね。
そして、裏面のクリップ部は、これまたshuffleでは初の鏡面が採用。この部分だけステンレスなのかな? 絶対この面用の保護フィルムが登場すると思う...。

shuffle3rd_18.jpg shuffle3rd_20.jpg
上からと、下からの写真。旧shuffleや、iPod nanoなど、アルミボディのiPodは、上下はアルミがくり抜かれているんですが、今回のshuffleはこの部分もアルミで、全くつなぎ目がありません。どこから内蔵物を入れているんだろう...

shuffle3rd_21.jpg shuffle3rd_22.jpg
答えは、クリップの下。ここにつなぎ目がありました。
つなぎ目が目立たないのはいいけど、組み立ては大変そうですね。

ヘッドホンと繋げるとこんな感じ。ヘッドホンのコネクタがめっちゃ大きく感じます。

shuffle3rd_23.jpg shuffle3rd_24.jpg
旧shuffleと比較。新shuffleを見てしまった後だと、旧shuffleさえも大きく感じてしまいますね。
厚も、若干ですが小さくなっています。

shuffle3rd_27.jpg shuffle3rd_25.jpg

背面は、旧の方が美しく高級感を感じます。そういえば、新shuffleはどこにも「iPod」とも「shuffle」とも書いてありませね。

そういえば以前、アップル製品の「ツルツル⇔マットの法則」というのを書いたことがありましたが、shuffleも見事に、ツルツル(初代の白いプラスチック製)→マット(アルミ)→ツルツル(背面が鏡面)と法則通りですね!! もしかして、アップルは本当にこの法則を意識して商品デザインを考えているんだろうか...。

第2世代iPod nanoのブラックと、黒さ比較。やっぱり、shuffleはガンメタっぽい黒ですね。個人的には好みです。

shuffle3rd_26.jpgほんとにタダの固まりみたいなshuffleですが、唯一小さなインジケータの光だけが、動いていると感じさせてくれます。
もちろんイヤホンを付ければ、しゃべりまくりますが(笑)。

この後、イヤホンを付けると、何やら英語のおっさんの声で「iTunesとシンクしろ」的なことを言われました。まだ中は空っぽですからね。でも、いきなり英語から始まるのは、本当にこういうのにうとい人が使ったら、壊れてるのか?と思われなくもないかもね。




posted by しゅん爺 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPodレビュー

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。