対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2009年01月31日
iLife'09レビュー iPhoto「撮影地」機能を試す。
顔認識も楽し過ぎますが、iPhotoのもうひとつの目玉新機能「撮影地」も試しておきましょう。

顔の認識は、いろいろと作業が必要ですが、「撮影地」は、最初のこのメッセージをOKにすれば、いいだけ。

iphoto0900.png
すでに、位置情報(ジオタグ)を持った写真があれば、これだけで、準備OKです。


iphoto0901.pngウインドウの左上の「撮影地」が「11」となっています。これは、撮影されたエリアの数の様です。

iphoto09place_1.jpg
「撮影地」をクリックすると、世界地図が表示され、撮影地が赤いピンで表示されます。
右下のスラダーで、地図の拡大縮小が可能。地図をダブルクリックしても、拡大できます。

なぜか、太平洋にピンが立っていますが、一部iPhoneで撮った写真がこうなってました。謎です。

iphoto09place_2.jpg
リスト表示も可能。国、都道府県、市or郡、町or村、といった順に絞り込めます。

iphoto09place_3.jpg
位置情報を持たない写真があれば、iPhoto上で、直接指定できます。
文字で入力しても良いですし...

iphoto09place_4.jpg
地図上で指定も可能です。

iphoto09place_5.jpg
全体の世界地図以外にも、選択した写真ごとや、イベントごとに、撮影地の地図を表示も可能。
今回の旅行で撮った写真の位置は...といったときには、こちらの方が便利かな。


とても簡単に、写真と撮影地を管理できますね。これから、ピンが増えていくのが楽しみです!!

ひとつ気になるのが、地図の表示形式。
asdfadfasfdafdadf.png
この3つから選べるのでうが、Googleマップで見慣れた、「地図」の表示ができません。
「地形」は、お店や施設名が表示されないし、「地図+写真」は見辛いし...。
かんとかならんかなぁ。


関連記事

iPhoneを使って、普通のデジカメの写真にも位置情報を付加する方法

「Eye-Fi Explore」でWi-Fiから位置情報を取得







posted by しゅん爺 at 21:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macな話。

   

この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
確か、iPhoneのGPSって最初は東経が西経になってしまうというバグがあったように記憶しているのですが…。
アメリカ沖合と判断された写真はそのせいなのではないでしょうか?
Posted by yukihiro at 2009年01月31日 22:44
yukihiroさん
そんなバグあったんですね。なんちゅう、間抜けな..
きっとそれですね。
Posted by しゅん爺 at 2009年02月01日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。