対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2008年08月03日
絶対おすすめ!! Mighty Mouseのお掃除。
最近、Wireless Mighty Mouseの調子が悪い。
スクロールボールの下方向への操作が、全く反応しなくなってしまったんです。
これまでにも調子が悪くなったことはありましたが、アップルのサポートで紹介されている方法で改善できていました。しかし、今回は改善できず...。

購入から約2年。そろそろ買い替え時か?とも思いましたが、どうせ保証期間も過ぎてるんだし、バラして直してみるか。ということで、やってみました。

ネットで調べると、バラしレポートが沢山出ていて、バラし方もそれほど難しくない様子。
私もこちらのサイトを参考にバラしてみました。

詳細なバラし方は、元サイトをご参照いただき、私の場合を、かいつまんでご紹介。

DSCF9129.jpg DSCF9130.jpg
最初のバラし箇所は、いきなり剥がし。接着されている底面の部品を、無理矢理剥がしていきます。
ここで使用したのが、こちらの商品。以前、車のインパネをばらす為に購入していた工具です。ちょっと大きいですが、なんとか隙間に入りました。樹脂製なので、Mighty Mouseを傷付けにくくていいかも。

DSCF9131.jpg DSCF9132.jpg
かなり強引に剥がしたので、一部に割れが発生。まぁ、仕方ないか...。

DSCF9137.jpg DSCF9138.jpg
で、問題のスクロールボールの部分。
モザイク入れたいくらいの汚れよう。

DSCF9140.jpg DSCF9142.jpg
スクロールボールの反応不良の原因と思われるのがこちらの部品。
4方向のボールの回転をそれぞれ感知していると思われるます。
before、afterでこの違いを見よ!! これはヒドい汚れだ...。

で、掃除後は、極めて快適!! こんなにスムーズで軽い操作感だったなんて、すっかり忘れていました。

分解は、アップルの保証外になる行為ですが、自己責任であるということに納得であれば、正直おすすめです。
保証期間が終わっていて、スクロールボールに少しでも鈍さを感じているなら、試す価値はあると思いますよ。

Apple Store(Japan) Apple Store(Japan)


posted by しゅん爺 at 23:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | Macな話。

   

この記事へのコメント
簡単な方法としてガムテープを指サイズの輪(粘着面外側)にしてそれを逆さにしたマウスのスクロールボールにしばらく転がしてやれば汚れを除去できます。
Posted by CPU45度 at 2008年08月04日 11:45
両面テープでやるって方法もありますな
Posted by はる at 2008年08月04日 14:24
テープ類を使うのは逆に接着剤を付けかねないと思います。

私のお薦めはGATSBY ICE-TYPEのBODY PAPERです。(笑)
付いている汚れの大部分は皮脂などの固着と思いますので結構効果ありますよ。
Posted by makey at 2008年08月04日 19:52
早めの対応なら、分解せずとも簡単な方法で除去できますね。
今回はかなりヒドかったので、分解しましたが、ほんとは異常が顕著になる前に、対処したいですね。

棒についた汚れは、皮脂と糸くずが絡み合った様な、謎の物体?tで、棒からスポッと抜かないと取れない状態でした。
我ながら、ヒドかった..。
Posted by しゅん爺 at 2008年08月04日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。