対応ケース続々登場!!
第5世代 iPod nano アクセサリカタログ

2008年06月30日
「出会う」と「出逢う」
アップルのホームページに、「マニュアル」というコーナーが開設されていました。

manualtop.png

Mac,iPodから、各種ソフトウェア、周辺機器に至まで、あらゆる製品のマニュアルを見る事ができます。

なかなか見る機会のないMac Proのマニュアルなんかを眺めたりしていたのですが、1つ発見したことが。


Mac製品のユーザーズカイドの最初のページ書いてある言葉なんですが、
MacBookの場合は、
deau02.png

これが、MacBook Airだと...
deau01.png

同じ事が書かれていますが、MacBookやMacBook Proは「出逢う」で、MacBook Airは「出会う」になっています。
途中で変更になったのかと思いましたが、Airより前に発売されたMacProも、後に出たMacBookも「出逢う」で、Airだけが「出会う」のようです。

この2つの言葉に意味の違いがあるのか?調べみると、とあるブログに、
「出会い」はよく使いますが「出逢い」は
できるだけ使わないようにしています。理由は、前者に比べて後者は
ほんの僅かな時間しか関わりを持たない、一瞬の交流を意味するためです。
と、ありました。

MacBook Airの「出会う」には、肌身離さず持ち歩いて欲しい、という意味が込められているのかも?
(他のMacも「出会う」にしてあげて欲しいけど...)

ちなみに、「出会う」「出逢う」は、人との出あいを表しており、物の場合は「出合う」を使うそうです。Macは「人」ってことですね。(これには納得!!)



posted by しゅん爺 at 21:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | なのニュース。

   

この記事へのコメント
気になったので、つっこませて下さい。

>>前者に比べて後者はほんの僅かな時間しか関わりを持たない、一瞬の交流を意味するためです。

これは嘘です。
そんな意味は無いです。

「会う」は、予じめ決めていた事(約束とか)など、
前もって予定が立てられる場合に使います。

「逢う」は偶然性が高く運命的な物で、
予定の立てられない場合に使います。
男女間に於いては「逢う」を用いるとロマンチックな
雰囲気を表現できますが、厳密に云えば
「最初の一回」に限定されるべき表現です。

Airだけが「出会う」と表記されているのは、
多分、単なるミスだと思いますが、
妄想を膨らませれば
「人と会う約束を交わす様に、幾度も外に持ち出して欲しい」
という解釈も成り立つかも知れませんね。

可搬性を重視し、様々な機能を削いだ Air は、
運命的で重みのある「逢う」よりも、
カジュアルな「会う」の方がお似合いなのかも知れません。

擬人化するとしたら、フルスペックの
「Mac Pro」や「MacBook」は最愛のパートナーで、
「MacBook Air」はお友達やペット…といったところでしょうか。(?)
Posted by pon at 2008年07月01日 02:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


hukudasan.jpg
お知り合いのページです。












ioPLAZA【Mac用地デジキャプチャBOX】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。